虎の威を借る狐

【意味】 虎の威を借る狐とは、権力・権勢のある人の力をかさに着て威張る小人のたとえ。

【虎の威を借る狐の語源・由来】

出典は中国『戦国策(楚策)』で、次の故事に由来する。
トラに捕らえられたキツネが、「私は神様から百獣の長になるよう命ぜられた。食べたら罰が当たるぞ。嘘だと思うならついてきなさい」と言うので、トラはキツネについて行ったところ、他の動物達はキツネの後ろにいるトラを見て次から次へと逃げ出した。
それを見たトラは、キツネを恐れて逃げたのだと思い込み、彼の話を信じたという。
虎の威を借る狐の「威」は「権力」「権勢」、「借る」は「利用する」の意味。

【関連語】

威張る(いばる) 嵩にかかる(かさにかかる) 笠に着る(かさにきる)
借りる(かりる) キツネ・狐(きつね) 外連味(けれんみ)
諺(ことわざ) コバンザメ・小判鮫 高飛車(たかびしゃ)
トラ・虎(とら) 七光(ななひかり) はったり
便乗(びんじょう) ふんぞり返る(ふんぞりかえる)

【関連リンク】

「虎の威を借る狐」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス