兎に角

【意味】 兎に角とは、何はともあれ。さておき。

【兎に角の語源・由来】

兎に角は「とかく」の当て字「兎角」を真似た当て字で、仏教語の「兎角亀毛」からと考えられる。
ただし、兎角亀毛の意味は、兎に角や亀に毛は存在しないもので、現実にはあり得ないものの喩えとして用いられたり、実際に無いものをあるとすることをいったもので、意味の面では関連性が無く、単に漢字を拝借したものである。
この当て字は、夏目漱石が多用したことで広く用いられるようになったと考えられる。
とにかくは、平安時代から江戸時代まで「とにかくに」の形で用いられていた。
とにかくの「と」は「そのように」、「かく」は「このように」で、いずれも副詞。
「あれこれと」「何やかや」といった意味で用いられ、転じて「いずれにせよ」などの意味になった。

【関連語】

彼(あれ) 意固地・依怙地(いこじ) 一目散(いちもくさん)
一生懸命(いっしょうけんめい) 一心不乱(いっしんふらん) 一点張り(いってんばり)
ウサギ・兎(うさぎ) 我武者羅(がむしゃら) 亀(かめ)
毛(け) 結局(けっきょく) こじつけ
此れ(これ) 差し詰め(さしずめ) さて置き(さておき)
しゃかりき 遮二無二(しゃにむに) 即ち(すなわち)
角(つの) 兎角(とかく) とことん
とどのつまり 只管(ひたすら) 直向き(ひたむき)
一筋(ひとすじ) 先ず(まず) 専ら(もっぱら)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス