とことん

【意味】 とことんとは、最後の最後。副詞的に用いて、徹底的に。最後まで。

【とことんの語源・由来】

本来、日本舞踏で「トコトントコトン」という足拍子の音を意味し、転じて踊りの意味となった語で、近世には民謡などの囃子詞として用いられた。
舞踏での「とことん」は、「床(とこ)」と「トン」という擬音が語源といわれるが、「とことん」でも擬音と考えられる。
現代の「徹底的に」「最後まで」といった意味に転じたのは、明治初年(1868年)の『とことんやれ節』に由来する。
『とことんやれ節』は、官軍東征の時に参謀の品川弥二郎が歌詞を作り、大村益次郎か祇園の芸妓君尾が節をつけた軍歌で、「とことんやれとんやれな」という囃子詞が添えられていた。
この歌は明治時代に大流行したため一般にもが広まり、軍歌であったことも関係して現在の意味に転じた。

【関連語】

曖昧(あいまい) 挙句の果て(あげくのはて) 足・脚・肢(あし)
あやふや 意固地・依怙地(いこじ) 一目散(いちもくさん)
一点張り(いってんばり) 一生懸命(いっしょうけんめい) 一心不乱(いっしんふらん)
今際の際(いまわのきわ) 歌・唄・詩(うた) 有耶無耶(うやむや)
エンスー お仕舞い・お終い(おしまい) 大雑把(おおざっぱ)
音(おと) 踊り・躍り(おどり) お囃子(おはやし)
終わり(おわり) 頑な(かたくな) 完璧(かんぺき)
几帳面(きちょうめん) きちんと けじめ
けちょんけちょん 結局(けっきょく) けりをつける
強情・剛情(ごうじょう) 拘り(こだわり) 金輪際(こんりんざい)
しゃかりき 遮二無二(しゃにむに) 終局(しゅうきょく)
終盤(しゅうばん) 尻(しり) 千秋楽(せんしゅうらく)
底(そこ) ちゃんと 丁寧(ていねい)
土壇場(どたんば) とどのつまり 兎に角(とにかく)
熱心(ねっしん) 根掘り葉掘り(ねほりはほり) 果て(はて)
只管(ひたすら) 直向き(ひたむき) 一筋(ひとすじ)
拍子(ひょうし) ビリ 幕切れ(まくぎれ)
夢中(むちゅう) メリハリ 専ら(もっぱら)
床(ゆか) 律儀(りちぎ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス