床の間

【意味】 床の間とは、日本建築で座敷の床を一段高くしたところ。掛け軸・壷・花などを飾り、上座とする。

【床の間の語源・由来】

床の間の「床(とこ)」は、奈良時代から用いられた語で、人が座る「座」や「寝床」の意味として用いられていた。
室町時代、他の部屋より一段高くした押し板がつけられ、主君や家臣が会うときなどに用いられた「上段の間(ま)」を「床(とこ)」と言うようになり、一段高くなったところを「床の間」と言うようになった。
今日で言う「床の間」の形は、茶室が造られるようになったことで、上段と押し板が縮小されてひとつとなったことによるものである。

【関連語】

家(いえ) 板(いた) お茶(おちゃ)
踊り場(おどりば) 玄関(げんかん) 座敷(ざしき)
敷居(しきい) 障子(しょうじ) 住まい(すまい)
座る・坐る(すわる) 高い(たかい) 三和土(たたき)
畳(たたみ) 壷・壺(つぼ) 床(とこ)
土間(どま) 花・華(はな) 瓶(びん)
襖(ふすま) 部屋(へや) 櫓(やぐら)
床(ゆか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス