とっくに

【意味】 とっくにとは、ずっと以前に。とうに。すでに。

【とっくにの語源・由来】

とっくには、早いさまを表す「とし(疾し)」の連用形「とく」が音変化した「とっく」に、格助詞の「に」が付いた語。
「疾し」は、鋭いさまを表す「利し・鋭し」と同源である。
格助詞の「に」を付けない形は、「とっくの昔」というように、通常は名詞として使用されるが、近松門左衛門作の人形浄瑠璃『平家女護島』にある「とっく申し聞かせんずれども」のように、副詞としても用いられる。

【関連語】

予め(あらかじめ) 古(いにしえ) 曾て・嘗て(かつて)
予々・兼々(かねがね) 去る(さる) 過ぎる(すぎる)
ずっと 既に(すでに) 鋭い(するどい)
夙に(つとに) 遠い(とおい) 時(とき)
早い・速い(はやい) 古い・故い・旧い(ふるい) 前(まえ)
昔(むかし)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス