時計

【意味】 時計とは、時刻を示したり、時間を計る機械。

【時計の語源・由来】

「時計」は当て字で、本来「とけい」は「土圭」と表記した。
「土圭」は中国周代の方角や日影を測る磁針のことで、平安時代以前に日本に伝えられ、機械時計の無かった時代は、「日時計」の意味として「土圭」が用いられていた。
機械時計は14世紀にヨーロッパで作られ、日本に初めて伝来したのは、1551年にフランシスコ・ザビエルが大内義隆に献上したものとされる。
中国では、機械時計を「土圭」ではなく「自鳴鐘」と表記し、日本でも「自鳴鐘」が用いられた例はあるが、漢字表記は「時計(ときはかり)」が多く用いられていた。
漢語が重視された幕末から明治初期にかけては、「時計」が字音的表記でないため、「時器」や「土計」「時辰儀」「時辰表」「斗景」「斗鶏」などが使用されたこともあった。
これらの漢字表記にも「とけい」の振り仮名がされており、機械時計と日時計の区別なく、「土圭」を継いだ「とけい」と呼ばれていたことが解かる。
「ときはかり」の漢字「時計」が再び使用されるようになり、一般的な表記となった。

【関連語】

朝(あさ) 明後日(あさって) 明日(あした)
明日(あす) 何時(いつ) 古(いにしえ)
今(いま) ウオッチ 閏年(うるうどし)
干支(えと) 一昨日(おととい) 一昨年(おととし)
陰・蔭・翳・影(かげ) 鐘・鉦(かね) 絡繰り・機関(からくり)
日(か) カレンダー 刻む(きざむ)
昨日(きのう) 今日(きょう) クオーツ
クロック 今朝(けさ) 今年(ことし)
今宵(こよい) 暦(こよみ) 頃(ころ)
明々後日(しあさって) 四六時中(しろくじちゅう) 世紀(せいき)
ゼンマイ・発条・撥条 タイム タコメーター
チャイム 月(つき) 時(とき)
年・歳(とし) ネジ・螺子・捻子・捩子・螺旋 針(はり)
晩(ばん) 日(ひ) 秒(びょう)
昼(ひる) ファッション ブランド
分(ふん) 昔(むかし) 夜(よる)
竜頭(りゅうず)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス