とかく

【意味】 とかくとは、あれやこれや。いずれにせよ。ともすれば。何はさておき。

【とかくの語源・由来】

「と」は「あのように」「そのように」を意味する副詞。
「かく」も「斯くして」などと使う副詞で、「このように」「こう」を意味する。
この二つの副詞が一語となって、「あれやこれや」の意味で中古から使われ始めた。
中世以降、「(あれこれあるが)いずれにせよ」の意味が生じ、さらに「ややもすれば」「何はさておき」などの用法が生まれた。
「兎角」は音からの当て字で、現実に存在しないもののたとえとして使われる「兎角(亀毛)」と意味の上では関係がない。
意味から当てた「とかく」の漢字には、「左右」がある。

【関連語】

彼(あれ) 何れ・孰れ(いずれ) 色々(いろいろ)
ウサギ・兎(うさぎ) 得てして(えてして) 勝ち(がち)
此れ(これ) 差し詰め(さしずめ) さて置き(さておき)
様々(さまざま) 角(つの) 何方(どちら)
何方(どっち) 兎に角(とにかく) 兎や角(とやかく)
何だかんだ(なんだかんだ) 何のかの(なんのかの) 只管(ひたすら)
左(ひだり) 右(みぎ) 専ら(もっぱら)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

とかくの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス