ト書き

【意味】 ト書きとは、脚本でセリフの間に、俳優の演技、照明・音楽・効果などの演出を聞き入れた文章。

【ト書きの語源・由来】

江戸時代の歌舞伎で、現在の脚本にあたる「台帳」と呼ばれる本に、セリフや舞台装置以外の説明として俳優の動きや演出が書かれたものであった。
その記入の仕方が「ト両人歩み寄り」や「ト悲しき思入れ」など、「ト」で始まる形であったことから「ト書き」と呼ばれるようになった。
「ト」で書き始められたのは、「○○するとそこへ○○が現れ」などの「と」を簡略に表現したためである。

【関連語】

明かり・明るい アドリブ 音楽(おんがく)
書く・描く・画く(かく) 仮名(かな) 歌舞伎(かぶき)
脚色(きゃくしょく) 脚本(きゃくほん) 言葉(ことば)
仕草・仕種(しぐさ) シナリオ 女優(じょゆう)
芝居(しばい) 捨て台詞(すてぜりふ) ストーリー
セリフ・台詞(せりふ) 台本(だいほん) テロップ
俳優(はいゆう) 文・書(ふみ) 本(ほん)
文字(もじ) ルビ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス