轟く

【意味】 轟くとは、鳴り響く。響き渡る。広く世間に知れ渡る。有名になる。鼓動が激しくなる。

【轟くの語源・由来】

轟くの語源には、「遠く驚く」の意味からとする説もあるが、音が大きく響き渡るさまを表す「とどろ」に接尾語の「く」が付いて動詞化した語である。
遠くで雷が鳴ったり、連続して太鼓が鳴り響く低い音を「どろどろ」や「どどん」と表すように、「とどろ」も擬声語と考えられる。
漢字の「轟」は、多くの車が往来することを表した会意文字で、多くの車が往来する音から「とどろく」に当てられた。

【関連語】

殷々(いんいん) 唸る(うなる) 煩い・五月蝿い(うるさい)
エコー 音(おと) 驚く・愕く・駭く(おどろく)
姦しい(かしましい) 喧しい・囂しい(かまびすしい) カミナリ・雷(かみなり)
聞く・聴く(きく) 軋む(きしむ) 車(くるま)
けたたましい 木霊(こだま) さらめく
騒がしい(さわがしい) 騒ぐ(さわぐ) 騒々しい(そうぞうしい)
太鼓(たいこ) 劈く(つんざく) 響む(とよむ)
響む(どよむ) 響めく(どよめく) 鳴る(なる)
馳せる(はせる) 霹靂神(はたはたがみ) はためく
響く(ひびく) 評判(ひょうばん) 札付き(ふだつき)
喧しい(やかましい) 山彦(やまびこ) 有名(ゆうめい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス