トド

【意味】 トドとは、成長したボラ。オオボラ。

【トドの語源・由来】

ボラが最も成長したものをいうところから、「止め」「止まり」が語源である。
出世魚のボラは、稚魚から大きくなるにしたがって名前を変えていき、最後に「トド」と呼ばれるところから、「とどのつまり」の「とど」や、「結局」や「限度」の意味で使われる「とど」は、この「トド」に由来するといわれる。
しかし、「トド」が「止め」「止まり」であるように、「とどのつまり」などの「とど」も「止め」「止まり」の意味からとも考えられるため、これらの言葉は必ずしも魚の「トド」とは言い切れない。

【関連語】

アシカ・海驢・葦鹿(あしか) イキナゴ イセゴイ・伊勢鯉(いせごい)
イナ・鯔(いな) エブナ・江鮒(えぶな) お仕舞い・お終い(おしまい)
オボコ 終わり(おわり) からすみ
クチメ・口女(くちめ) 結局(けっきょく) 魚(さかな)
出世魚(しゅっせうお) スバシリ・州走・洲走(すばしり) 算盤玉(そろばんだま)
トド・海馬(とど) とどのつまり ナタネボラ
ナヨシ・名吉・鯔(なよし) ハク・白(はく) ハラブト・腹太(はらぶと)
ボラ・鯔・鰡(ぼら) メナダ・目奈陀・赤目魚

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス