どざえもん

【意味】 どざえもんとは、水死体。溺死者。

【どざえもんの語源・由来】

どざえもんの語源は、享保年間の力士「成瀬川土左衛門」が、色白で相当太っていたため、体の膨れ上がった水死体をふざけて「土左衛門のようだ」と、喩えて言っていたものが定着していったとされる。
この説は、山東京伝の随筆『近世奇跡考(きんせいきせきこう)』によるものだが、こじつけとの見方もある。
その他、肥大漢を「土仏(どぶつ)」と言ったことから、「どざえもん」に転じたとする説。
水に落ちる「ドブン」という音が「どざえもん」に転じたとする説などあるが、正確な語源は未詳である。

【関連語】

荒城・殯(あらき) 大きい(おおきい) 音(おと)
骸骨(がいこつ) 戒名(かいみょう) 体(からだ)
川・河(かわ) こじつけ 賽の河原(さいのかわら)
三途の川(さんずのかわ) 死ぬ(しぬ) シャリ・舎利(しゃり)
髑髏(しゃれこうべ) 相撲(すもう) 卒塔婆(そとば)
デカ・刑事(でか) デブ ドクロ・髑髏(どくろ)
墓(はか) 棺・柩(ひつぎ) 太い(ふとい)
葬る(ほうむる) 仏(ほとけ) ミイラ
水(みず) 冥土・冥途(めいど) 殯(もがり)
黄泉(よみ) 力士(りきし)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス