堂に入る

【意味】 堂に入るとは、学問や技術がすぐれて、奥深いところまで進んでいる。物事に習熟している。身についている。「入る」を「はいる」とは読まない。

【堂に入るの語源・由来】

堂に入るは、「堂に升りて(のぼりて)室に入らず」からできた言葉。
「堂」は客間・表座敷のことで、「室」は奥の間のこと。
客間にのぼった程度では奥のことまで解らないことから、堂に升りて室に入らずは、学問や技芸がかなりの水準には達してはいるが、奥義をきわめるまでには至っていないことを意味する。
堂に入るは「堂に升りて室に入る」を略した言い方で、客間にのぼり奥の間にまで入っていることから、奥義まできわめていることを表す。

【関連語】

板に付く(いたにつく) 海千山千(うみせんやません) エキスパート
オーソリティー 奥(おく) キャリア
極める・窮める・究める(きわめる) 玄人(くろうと) 玄人はだし(くろうとはだし)
座敷(ざしき) セミプロ 泰斗(たいと)
巧み・匠・工(たくみ) 達者(たっしゃ) テクニック
上る・登る・昇る(のぼる) 入る(はいる) プロパー
プロフェッショナル ベテラン マイスター

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス