どら焼き

【意味】 どら焼きとは、小麦粉に卵・砂糖を混ぜて、丸く焼いた二枚の皮の間に、餡をはさんだ和菓子。ドラ焼き。

【どら焼きの語源・由来】

漢字で「銅鑼焼き」と書くように、その形が金属製打楽器の「銅鑼」に似ていることから名付けられた。
関西では奈良の三笠山に見立てて、「三笠」とも呼ばれる。
一説には、銅鑼の上で焼いたことからとも言われるが考え難い。
どら焼きは近世に作られたものだが、当初は「金鍔焼き」のことを指し、現在のようなものは大正年間に作られたといわれる。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス