どんがら汁

【意味】 どんがら汁とは、山形県庄内地方の郷土料理。寒鱈(寒の時期に獲れる真鱈)の身・頭・脂わた(肝臓)・骨を鍋に入れ、ネギや豆腐と一緒に味噌で煮込む。寒鱈汁。

【どんがら汁の語源・由来】

どんがら汁の「どんがら」は「どうがら(胴殻)」が転じた語で、身を取り去ったあとに残る「アラ(粗)」のこと。
寒ダラの身とガラを煮るあら汁なので、「どんがら汁」の名前がついた。
「どうがら(どんがら)」の「どう(どん)」は「胴体」、「どうがら(どんがら)」の「がら」は「鶏がら」の「がら」と同じく「から(殻)」が濁音した語である。
一月には、酒田や鶴岡など庄内各地で『寒鱈まつり』が行われ、どんがら汁を食べることができる。

【関連語】

赤出し(あかだし) 頭(あたま) 集め汁(あつめじる)
羹(あつもの) 粗(あら) いちご煮(いちごに)
お汁粉(おしるこ) 御御御付け(おみおつけ) ガスパッチョ
殻(から) がん汁(がんじる) 巾着汁(きんちゃくじる)
クッパ クラムチャウダー けんちん汁(けんちんじる)
鯉濃(こいこく) 呉汁(ごじる) コンソメ
サムゲタン 三平汁(さんぺいじる) シチュー
じゃっぱ汁(じゃっぱじる) 汁(しる) 水団(すいとん)
スープ 澄まし汁(すましじる) 善哉(ぜんざい)
船場汁(せんばじる) せんべい汁(せんべいじる) 雑煮(ぞうに)
出汁(だし) タラ・鱈(たら) チーズフォンデュ
茶節(ちゃぶし) 豆腐(とうふ) トムヤムクン
鶏がら(とりがら) 鍋(なべ) 煮る(にる)
ネギ・葱(ねぎ) 根深汁(ねぶかじる) 能平汁・濃餅汁(のっぺいじる)
腸(はらわた) ヴィシソワーズ ビスク
引っ摘み汁(ひっつみじる) ブイヤベース ポタージュ
ポトフ 骨(ほね) ボルシチ
祭り(まつり) 身(み) 味噌(みそ)
ミネストローネ 料理(りょうり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス