どんちゃん騒ぎ

【意味】 どんちゃん騒ぎとは、酒宴などで大騒ぎすること。また、そのような騒ぎ。どんちゃん。どんちき騒ぎ。

【どんちゃん騒ぎの語源・由来】

どんちゃん騒ぎの「どんちゃん」は、歌舞伎などの合戦の場面で「どんどん、じゃんじゃん」と鳴らす太鼓や鉦の音のこと。
江戸時代の国語辞典『俚言集覧』には、「どんちゃん ドンは鼓声也、チャンは鐘声也」とある。
この「どんちゃん」が、鳴り物入りで歌ったり踊ったりして遊び騒ぐときの音や、そのさまを表すようになり、そのような騒ぎは酒席で見られることから、酒を飲んで大騒ぎすることをいうようになった。

【関連語】

遊び(あそび) 浮かれる(うかれる) 歌・唄・詩(うた)
宴(うたげ) 煩い・五月蝿い(うるさい) 大盤振る舞い(おおばんぶるまい)
音(おと) 踊り・躍り(おどり) 鐘・鉦(かね)
歌舞伎(かぶき) 酒(さけ) 騒ぐ(さわぐ)
酒池肉林(しゅちにくりん) 太鼓(たいこ) てんやわんや
鳴り物入り(なりものいり) 鳴る(なる) はしゃぐ
羽目を外す(はめをはずす) 祭り(まつり) 喧しい(やかましい)
乱痴気騒ぎ(らんちきさわぎ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス