どんぶり勘定

【意味】 どんぶり勘定とは、細かく収支を計算したり、帳面に記入せず、あるにまかせて金を使うこと。

【どんぶり勘定の語源・由来】

どんぶり勘定の「どんぶり」は、職人などの腹掛けの前部に付けた大きな物入れのことで、職人達がこのどんぶりにお金を入れて無造作に出し入れしていたことから、大雑把な金の出し入れを「どんぶり勘定」と言うようになった。
また、このどんぶりも「丼」と表記するため、漢字では「丼勘定」となるが、一般に「丼」は「どんぶり鉢」を指すため、「どんぶり」のみ平仮名表記されることが多い。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス