どじょう

【意味】 どじょうとは、コイ目ドジョウ科の淡水魚。円筒形で五対の口ひげがある。柳川鍋や蒲焼きなどの食用にする。

【どじょうの語源・由来】

どじょうの歴史的仮名遣いを「どぜう」とするものもあるが、「どぜう」は江戸時代に泥鰌屋の暖簾や看板に書かれたもので、どちらかと言えば俗的な表記である。
室町時代の文献に「土長」「ドヂャウ」の表記が見られるため、どじょうの歴史的仮名遣いは「ドヂャウ」で、「どぜう」にどじょうの語源をもとめることも意味がない。
泥土から生まれる意味で「土生(どじゃう)」を語源とする説もあるが、第二音節が「ジ」と「ヂ」で異なる。
第一音節の「ド」、もしくは第二音節も含めた「ドヂ」は、どじょうの泥に潜る性質から「泥(どろ)」や「土(つち)」の語幹が関連することは間違いないであろう。
「ウ」が「魚(ウヲ)」のことで、「ドヂ」+「ウヲ」から「ドヂャウ」とも考えられないことはないが、変化の過程を決定づけるものがなく、どじょうの語源は未詳である。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス