中盤

【意味】 中盤とは、勝負事などの中ほどまで進んだ時期。中途の段階。

【中盤の語源・由来】

「序盤」「終盤」と同じく、元々は囲碁や将棋の用語で、「盤」は碁盤や将棋盤のこと。
中盤は、序盤の布石や駒組みが終わって本格的な戦いが始まる局面をさし、中ほどの時期にあたる。
転じて、「試合が中盤を迎える」「選挙も中盤に入った」など、特に、勝負事で戦いが中ほどまで進んだ時期を表すようになった。

【関連語】

間(あいだ) 囲碁(いご) 勝つ(かつ)
局面(きょくめん) クライマックス 最中(さなか)
終局(しゅうきょく) 終盤(しゅうばん) 旬(しゅん)
将棋(しょうぎ) 序盤(じょばん) 酣・闌(たけなわ)
戦い・闘い(たたかい) 中葉(ちゅうよう) 天王山(てんのうざん)
途中(とちゅう) 中(なか) 盤(ばん)
ピーク 布石(ふせき) 幕間(まくあい)
負ける(まける) 真っ盛り(まっさかり) 真っ只中(まっただなか)
道すがら(みちすがら)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス