朝三暮四

【意味】 朝三暮四とは、目先の違いにとらわれ、結果が同じになることに気がつかないこと。言葉たくみに人をだますこと。朝四暮三(ちょうしぼさん)。

【朝三暮四の語源・由来】

朝三暮四は、中国の『列子(黄帝)』や『荘子(斉物論)』に見える故事に由来する。
その故事とは、中国の春秋時代、宋の国に狙公という猿好きの老人がいた。
猿が増えて家計が苦しくなったため、飼っている猿に与える餌を減らそうと考え、狙公は「これからはトチの実(どんぐり)を朝に三つ、暮れに四つやる」と言ったが、猿が「少ない」と怒ったため、「朝に四つ、暮れに三つやる」と言い直したところ、猿はとても喜んで承知したというものである。
この故事から、結果は同じなのに表面的な利害にとらわれることや、そのようにしてだますことを「朝三暮四」「朝四暮三」と言うようになった。
派生的な用法であるが、中国では、考えがころころ変わって定まらない意味でも、「朝三暮四」が用いられる。

【関連語】

欺く(あざむく) イカサマ インチキ
嘘も方便(うそもほうべん) 餌(えさ) 籠脱け(かごぬけ)
騙る(かたる) 担ぐ(かつぐ) キセル乗車(きせるじょうしゃ)
口車(くちぐるま) 暮れ(くれ) 誤魔化す(ごまかす)
護摩の灰(ごまのはい) 詐欺(さぎ) サル・猿(さる)
謀る(たばかる) 誑かす(たぶらかす) 騙くらかす(だまくらかす)
騙す(だます) 美人局(つつもたせ) 手玉に取る(てだまにとる)
トチノキ・栃の木・橡の木 トリック ドングリ・団栗(どんぐり)
寝刃を合わす(ねたばをあわす) ペテン師(ぺてんし) ポン引き(ぽんびき)
八百長(やおちょう) 山勘(やまかん) 羊頭狗肉(ようとうくにく)
利益(りえき) 罠(わな)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「朝令暮改」と「朝三暮四」の違い・使い分け - 違いがわかる事典
朝三暮四(ちょうさんぼし)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
朝三暮四の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
朝三暮四の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス