帳消し

【意味】 帳消しとは、互いに差し引いて、功罪や損得がなくなること。

【帳消しの語源・由来】

帳消しは、返済などが完了するなどして、帳面に記載しておく必要がなくなり、棒線で消すことをいった。
そこから、金銭などの貸借関係が消滅すること、債務がなくなることを意味するようになった。
さらに金銭に関わらず、ある物事によって、それまでの損得の価値が失われることをいうようになった。

【関連語】

相子(あいこ) イーブン 埋める(うめる)
補う(おぎなう) 同じ(おなじ) カバー
勘定(かんじょう) 消す(けす) ご破算(ごはさん)
ダッチアカウント ちゃら ドロー
とんとん 均す・平す(ならす) 並ぶ(ならぶ)
等しい(ひとしい) 棒引き(ぼうびき) 割り勘(わりかん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス