ちゃらんぽらん

【意味】 ちゃらんぽらんとは、いいかげんで無責任なこと。

【ちゃらんぽらんの語源・由来】

ちゃらんぽらんの語源は諸説あるが、「ちゃらほら」が変化し、「ちゃらんぽらん」になったとするた説が妥当とされている。
ちゃらほらの「ちゃら」は「出鱈目(でたらめ)」「嘘(うそ)」「出任せ(でまかせ)」の意味で、「ほら」は「ホラを吹く」の「法螺(ほら)」と思われる。
「ホラを吹く」の「法螺(ほら)」が吹いて音を出す楽器であることから、「チャルメラ」と関連付け、「チャルメラの略+ホラ」で「ちゃらほら」となり、「ちゃらんぽらん」になったとする説もあるが、有力とされていない。

【関連語】

あべこべ いい加減(いいかげん) 嘘(うそ)
上っ調子(うわっちょうし) 大雑把(おおざっぱ) お座成り(おざなり)
音(おと) がさつ 仮初(かりそめ)
軽々しい(かるがるしい) 軽率(けいそつ) 軽薄(けいはく)
杜撰(ずさん) ズベ公(ずべこう) ずぼら
粗忽(そこつ) ぞんざい だだくさ
だらしない ちぐはぐ チャルメラ
適当(てきとう) 出鱈目(でたらめ) デマ
出任せ(でまかせ) テレコ 頓珍漢(とんちんかん)
丼勘定(どんぶりかんじょう) 等閑(なおざり) 憖っか(なまじっか)
生半可(なまはんか) ふしだら 法螺貝(ほらがい)
ホラ吹き(ほらふき) 無茶苦茶(むちゃくちゃ) 滅茶苦茶(めちゃくちゃ)
忽せ(ゆるがせ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス