提灯(ちょうちん) - 語源由来辞典

提灯

【意味】 提灯とは、竹ひごの骨に紙や布を張り、中に蝋燭や電球を入れた照明具。

【提灯の語源・由来】

提灯は「手に提げて歩く灯」の意味からの名で、「ちょう」「ちん」ともに唐音(宋音)。
唐音は禅宗関係の用語に多く、提灯も室町時代に禅家によって普及したものである。
「挑灯」という表記もあるが、これも唐音で、「挑」は「かかげる」の意味である。
作られ始めた当初は、折り畳みのできない木の枠に紙を張った「籠提灯」であった。
文禄年間、細い竹で蛇腹の枠にした「箱提灯」が生まれ、提灯は折り畳みのできる照明具となった。

【関連語】

明かり・明るい(あかり・あかるい) 行灯(あんどん) 小田原提灯(おだわらぢょうちん)
お盆(おぼん) 折る(おる) 掲げる(かかげる)
輝く(かがやく) 籠・駕籠(かご) 紙(かみ)
カンテラ 木・樹(き) キャンドル
蛇腹(じゃばら) シャンデリア タケ・竹(たけ)
畳む(たたむ) チョウチンアンコウ 提灯持ち(ちょうちんもち)
手(て) 照る(てる) 点す・灯す(ともす)
布(ぬの) ネオン 箱(はこ)
ハロウィン 火(ひ) 光(ひかり)
ブルマー ホオズキ・酸漿・鬼灯(ほおずき) 骨(ほね)
雪洞(ぼんぼり) マッチ 祭り(まつり)
ランタン ローソク・蝋燭(ろうそく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス