猪口才

【意味】 猪口才とは、小生意気なこと。こざかしいこと。また、そのような人。

【猪口才の語源・由来】

猪口は「へなちょこ」を「へな猪口」と書くのと同じく当て字で、小さな杯の「お猪口」とは関係ない。
「ちょこ」は「ちょこちょこ」「ちょこまか」など、目立たない小さな動作を表す「ちょこ」。
「ざい」は漢字で「才」と書く通り、「才能」の意味。
つまり、猪口才は「ちょっとした才能」が原義で、そこから「利口ぶって生意気」という意味になり、小生意気な人や小賢しい人に対し「猪口才な」と言うようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス