ちりめんじゃこ

【意味】 ちりめんじゃことは、カタクチイワシなどの稚魚を煮干しにした食品。ちりめんざこ。

【ちりめんじゃこの語源・由来】

ちりめんは、表面に細かなしわをつけた絹織物の「ちりめん(縮緬)」のこと。
じゃこは、いろいろな種類の小魚、また、小さい魚をいう「ざこ(雑魚)」の拗音化。
小さな魚をたくさん煮て広げて干した姿が、縮緬を広げたように見えることから、「ちりめんじゃこ(ちりめんざこ)」と呼ぶようになった。
収穫量が多く、脂分の少ないカタクチイワシが代表格であるが、マイワシ・ウルメイワシ・シロウオ、イカナゴなどの稚魚も、ちりめんじゃこにする。

【関連語】

あたりめ アンチョビ イカナゴ・玉筋魚(いかなご)
熬り子・炒り子(いりこ) イワシ・鰯(いわし) ウルメイワシ・潤目鰯
エツ・斉魚(えつ) 数の子(かずのこ) カタクチイワシ・片口鰯
鰹節(かつおぶし) キビナゴ・黍魚子・吉備奈仔 釘煮(くぎに)
くさや コウナゴ・小女子(こうなご) コノシロ・鮗(このしろ)
コハダ・小鰭(こはだ) ごまめ 魚(さかな)
鮭とば(さけとば) 雑魚(ざこ) サッパ・拶双魚(さっぱ)
ジャコ・雑魚(じゃこ) シラス・白子(しらす) シロウオ・素魚・白魚
スルメ・鯣(するめ) タタミイワシ・畳鰯 田作り(たつくり・たづくり)
小さい(ちいさい) 縮緬(ちりめん) 生り節(なまりぶし)
煮る(にる) ハルツゲウオ・春告魚 ビーフジャーキー
干鱈(ひだら) ヒラ・曹白魚(ひら) 干す(ほす)
ままかり 目刺し(めざし)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス