ちんぷんかんぷん

【意味】 ちんぷんかんぷんとは、話している言葉や内容が全くわからないこと。話が通じないこと。漢字には「珍紛漢紛」のほか「珍糞漢糞」「陳奮翰奮」など多数ある。チンプンカンプン。

【ちんぷんかんぷんの語源・由来】

ちんぷんかんぷんは、「ちんぷんかん」に「ぷん」を重ね、響きをリズミカルにした語。
「ちんぷんかん」は江戸時代から多く使われるようになった語で、儒者の用いた難解な漢語を冷やかして真似た造語からか、外国人の話す言葉の口真似をしたもので、教養のなかった当時の人々によって作られた言葉とされる。
また、中国には聞いても解らないという意味の「チンプトン」、見ても解らないという意味の「カンプトン」という言葉があり、この「チンプトン、カンプトン」から、見ても聞いても解らない意味になったとする説もある。
しかし、「ちんぷんかん」は言葉が全く解らない状況のみを意味していたことや、教養のなかった人々によって広まった背景など考えると、中国語説は不自然で、たまたま音や意味が近かっただけと考えられる。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ちんぷんかんぷんの類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス