ちんちんかもかも

【意味】 ちんちんかもかもとは、男女が仲睦まじいこと。ちんちん。ちんちんかも。

【ちんちんかもかもの語源・由来】

ちんちんは「やきもち」や「嫉妬すること」を表す語で、嫉妬したくなるほど仲睦まじいさまのこと。
「やきもち」や「嫉妬」を意味するようになったのは、中部地方で湯が沸き立つ音や、そのような熱いものを言うように、熱いさまを表した「ちんちん」からであろう。
かもかもは「かもかくも」や「とにかくも」、「ともかくも」などと同じ意味の副詞で、「ちんちん」という繰り返しの言葉の調子に合わせて後方に添えられたものと思われる。
江戸時代の小唄『ちんちん節』の歌詞に用いられる「ちんちん」が千鳥の鳴き声を表しており、歌詞全体で男女が仲睦まじくしているさまを表していることから、ちんちんは千鳥の鳴き声とする説もある。
しかし、この唄は嫉妬の「ちんちん」と千鳥の鳴き声の「ちんちん」を掛けたものなので、これを語源とするのは誤りである。
また、ちんちんかもかもの「かもかも」は、鳥のカモが美味なことから、極めて良い感じも表す「鴨の味」のことといった説もあるが、「ちんちん鴨の味」の使用例が見られないため疑問が残る。

【関連語】

熱い・暑い(あつい) アベック いちゃつく
従兄弟同士は鴨の味 男(おとこ) 女(おんな)
偕老同穴(かいろうどうけつ) カップル カモ・鴨(かも)
琴瑟相和す(きんしつあいわす) 親しい(したしい) 入魂・昵懇(じっこん)
戯れる(じゃれる) 戯れる(たわむれる) チドリ・千鳥(ちどり)
ちんちん つうと言えばかあ 兎に角(とにかく)
トリ・鳥(とり) 仲(なか) 懇ろ(ねんごろ)
比翼連理(ひよくれんり) 水入らず(みずいらず) 睦まじい(むつまじい)
焼き餅(やきもち) 湯(ゆ) 沸く・湧く・涌く(わく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス