チンゲン菜

【意味】 チンゲン菜とは、アブラナ科の中国野菜。葉の硬い部分を除いて、スープや炒め物料理に用いられる。チンゲンサイ。

【チンゲン菜の語源・由来】

チンゲン菜は、「青梗菜」を中国語読みした「チンゴンツァイ」に由来する。
「青梗」は「茎が緑色」の意味で、茎が白いものは「パクチョイ(白菜)」と呼ばれる。
1972年9月29日の日中国交正常化以降、日本でも栽培されるようになった。
1980年代に入ると急速に普及し、日本で最も栽培される中国野菜となった。

【関連語】

青(あお) アブラナ・油菜(あぶらな) アラセイトウ・紫羅欄花
炒める(いためる) イヌガラシ・犬芥子(いぬがらし) カブ・蕪(かぶ)
カラシ・芥子・辛子(からし) カリフラワー キャベツ
茎(くき) クレソン ケール
コマツナ・小松菜(こまつな) スープ スズシロ・蘿蔔・清白
スズナ・菘(すずな) ダイコン・大根(だいこん) 菜(な)
ナズナ・薺(なずな) ノザワナ・野沢菜(のざわな) 葉(は)
ハクサイ・白菜(はくさい) ハボタン・葉牡丹(はぼたん) ブロッコリー
ぺんぺん草(ぺんぺんぐさ) ミズナ・水菜(みずな) 緑(みどり)
ラディッシュ 料理(りょうり) ワサビ・山葵(わさび)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス