血祭りにあげる

【意味】 血祭りにあげるとは、戦いの手始めに敵を殺して気勢をあげる。相手をひどい目にあわせる。「血祭りにする」ともいう。

【血祭りにあげるの語源・由来】

「血祭り」は、生け贄の血を神に供えて祭る古代中国の「血祭(けっさい)」に由来し、日本では中世頃から見られる。
『日葡辞書』では生け贄の血を祭る意味も見られるが、主に戦いのはじめに敵の一人を殺して士気を高める意味で使われた。
「血祭りに上げる」の形での使用は昭和になってからで、相手をひどい目にあわせるたとえとして使われるようになったのは近年のことである。

【関連語】

戦・軍(いくさ) 生け贄・生贄(いけにえ) 神(かみ)
殺す(ころす) 残酷・惨酷・残刻(ざんこく) 仕留める(しとめる)
供える(そなえる) 倒す(たおす) 戦い・闘い(たたかい)
血(ち) 敵(てき) 酷い(ひどい)
屠る(ほふる) 祭り(まつり) 祭る・祀る・奉る(まつる)
惨い・酷い(むごい) 無残・無惨・無慚(むざん) リンチ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

血祭り(ちまつり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス