筑前煮

【意味】 筑前煮とは、鶏肉とニンジン・ゴボウ・レンコン・コンニャクなどを油で炒め、砂糖・醤油で甘辛く煮た料理。

【筑前煮の語源・由来】

筑前は、現在の福岡県北部・西部にあたる旧国名。
筑前地方で好んで作られるこの料理は、一般の甘煮と違い、煮る前に油炒めをすることから、「筑前地方独特の煮物」の意味でこう呼ばれるようになった。
このことから解るように「筑前煮」は筑前以外の地域での呼称で、筑前やその周辺地域では「がめ煮」と呼ばれている。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 甘い(あまい) 磯部煮(いそべに)
炒める(いためる) 従兄弟煮(いとこに) 旨煮・甘煮(うまに)
おかず 小倉煮(おぐらに) おせち料理(おせちりょうり)
オランダ煮(おらんだに) がめ煮(がめに) 辛い(からい)
甘露煮(かんろに) 儀助煮(ぎすけに) 金平(きんぴら)
釘煮(くぎに) 具足煮(ぐそくに) ゴボウ・牛蒡(ごぼう)
ごまめ コンニャク・蒟蒻(こんにゃく) 桜煮(さくらに)
砂糖(さとう) 沢煮(さわに) 時雨煮(しぐれに)
治部煮(じぶに) 醤油(しょうゆ) 鼈煮(すっぽんに)
駿河煮(するがに) 仙台煮(せんだいに) 雑煮(ぞうに)
田作り(たつくり・たづくり) 佃煮(つくだに) 定家煮(ていかに)
土佐煮(とさに) 難波煮(なんばに) 南蛮煮(なんばんに)
煮染め(にしめ) 煮る(にる) ニワトリ・鶏(にわとり)
ニンジン・人参(にんじん) 翡翠煮(ひすいに) 風呂吹き大根(ふろふきだいこん)
鼈甲煮(べっこうに) 大和煮(やまとに) 吉野煮(よしのに)
利休煮(りきゅうに) 料理(りょうり) レシピ
レンコン・蓮根(れんこん) 若竹煮(わかたけに)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス