ちくる

【意味】 ちくるとは、告げ口する意味の俗語。

【ちくるの語源・由来】

「ちくん」「ちくちく」「ちくり」などの擬態語から生まれた動詞。
これらの擬態語は、先のとがった針などで物を刺す様子を表すほか、皮肉や批判などを言って刺激を与える意味がある。
その中でも、「ちくりと嫌味を言う」など副詞として使われる「ちくり」が、ラ行五段活用として用いられ、「ちくる」になったと考えられる。
「ちくり」は「僅かな様子」を意味し、針などを刺す「ちくり」は「しくり」と表現されていた。
現代のような表現は、明治以降になって現れたものである。

【関連語】

揚げ足を取る(あげあしをとる) 暴く(あばく) 意地悪(いじわる)
いちゃもん いびる 嫌味・厭味(いやみ)
腐す(くさす) けちをつける 告る(こくる)
刺す(さす) 晒す・曝す(さらす) スパイ
針(はり) 皮肉(ひにく) 吹聴(ふいちょう)
槍玉に挙げる(やりだまにあげる)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

チクるの類語・同義語 - 類語玉手箱
チクる(ちくる)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス