ちぐはぐ

【意味】 ちぐはぐとは、物事が食い違い、調和がとれないこと。対になるべきものが揃っていないこと。

【ちぐはぐの語源・由来】

ちぐはぐの「ちぐ」は「鎮具」で金づち、「はぐ」は「破具」で釘抜きを意味していた。
金づちと釘抜きを交互に使っていては一向に仕事が進まず、何をしているのか解らないことから、「ちぐはぐ」という言葉が生まれたとされる説や、棟梁の下につく者が、金槌が必要な時に釘抜きを渡し、釘抜きが必要な時に金槌を渡すさまから、「ちぐはぐ」になったとする説もある。
これらの説では「ちぐ」や「はぐ」という語が、鎌倉時代に使われていたとされるが、そのような語は見当たらないため俗説と考えられる。
ちぐはぐの「ちぐ」は一揃えを意味する「一具(いちぐ)」、「はぐ」は「はぐれる」の語根であろう。
明治時代には、「ちぐはぐ」を「ちごはご」と言った例が見られる。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス