【意味】 父とは、親のうち、男の方。男親。実父・継父・養父の総称。

【父の語源・由来】

上代、男子を敬っていった「ち」を重ねた語。
「祖父」の「オホヂ」や「叔父・伯父」の「オヂ」など、男性の敬称の中でも男親に近い存在に「ち」が使われており、『古事記』にある「麻呂賀知(まろがち)」は「麻呂が父(私の父)」と解釈できることから、「ち」単独で「父」を表すこともあったと思われる。
「ちち」は母音交替によって「てて」となり、幼児語の「とと」にもなって、「ととさま」「とっつぁん」「とうさん」という語形にまで転じている。
男子の敬称「ち」の語源は、「ち(乳)」や「ち(血)」の意味など諸説あり、有力な説としては、威力のある存在から心霊を称える「ち(霊)」の意味といった説もあるが未詳。
漢字は「おの+又(手)」の会意文字で、手に石斧を持って打つ姿を示している。

【関連語】

翁(おきな) 夫(おっと) お父さん(おとうさん)
男(おとこ) 斧(おの) 親(おや)
親父(おやじ) 父(かぞ) 義理(ぎり)
爺(じじ) 舅・姑(しゅうと・しゅうとめ) 旦那(だんな)
血(ち) 乳(ちち) チチコグサ・父子草
父の日(ちちのひ) 父(ちゃん) 手(て)
亭主(ていしゅ) 母(はは) パパ
父兄(ふけい) 益荒男・丈夫(ますらお)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

父(ちち)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス