ちび

【意味】 ちびとは、小さいもの・人・動物。背の低いこと・人。軽い卑しめや、年の幼い人・子供に親しみをこめていう語。

【ちびの語源・由来】

動詞「禿びる(ちびる)」の連用形が名詞化した語で、漢字では「禿び」とも書かれる。
動詞「禿びる」は先がすり切れて短くなるという意味で、名詞の上に付いて擦り減ったものを表す言葉に「ちび下駄」や「ちび鉛筆」がある。
「短くなる」「小さくなる」という意味が転じ、小さいものや背の低い人などを「ちび」と言うようになった。

【関連語】

赤ちゃん(あかちゃん) 出で立ち(いでたち) 稚い・幼い(いとけない)
鉛筆(えんぴつ) 幼い(おさない) ガキ・餓鬼(がき)
がたい 格好・恰好(かっこう) 恰幅(かっぷく)
下駄(げた) 子(こ) 小ぢんまり(こぢんまり)
小僧(こぞう) 細かい(こまかい) 些細(ささい)
図体(ずうたい) 姿(すがた) スタイル
ずんぐりむっくり 寸胴(ずんどう) 背・背中(せ・せなか)
丈(たけ) 小さい(ちいさい) 縮む(ちぢむ)
ちっちゃい ちっぽけ ちんちくりん
つんつるてん デブ のっぽ
ハゲ・禿(はげ) はしょる 低い(ひくい)
雛(ひよこ) 風体(ふうてい) 風貌(ふうぼう)
坊主(ぼうず) 坊や(ぼうや) 短い(みじかい)
嬰児(みどりご) 身なり(みなり) ルックス

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

ちびの類語・同義語 - 類語同義語辞典
チビ(ちび)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス