茶碗

【意味】 茶碗とは、飯を盛る陶磁器の器。湯茶を飲むための陶磁器の器。

【茶碗の語源・由来】

奈良時代から平安時代にかけ、茶を喫するための器として、茶と共に伝来したという。
当初、貴重な茶を楽しむための良質な器を言ったが、鎌倉時代、喫茶の風習が広まるにつれ、碗形の陶磁器の総称となった。
陶磁器の総称となったため、ご飯を盛る器を「飯茶碗」、お茶を飲むための器を「煎茶碗」などと呼ぶようになった。
現代では、主に飯を盛る器をさし、茶を飲むための器は「湯のみ茶碗」といい、コーヒーを飲むためのものは「コーヒー茶碗」などという。

【関連語】

器(うつわ) お茶(おちゃ) お猪口(おちょこ)
お櫃(おひつ) お盆(おぼん) カップ
急須(きゅうす) グラス ケトル
コーヒー・珈琲 コップ 御飯(ごはん)
米(こめ) 杯・盃(さかずき) 皿(さら)
笊(ざる) 杓文字(しゃもじ) 壷・壺(つぼ)
天目茶碗(てんもくぢゃわん) 徳利(とっくり) 丼(どんぶり)
鍋(なべ) 飲む・呑む(のむ) 箸(はし)
鉢(はち) 柄杓(ひしゃく) 瓶(びん)
ペットボトル ボトル 抹茶(まっちゃ)
飯(めし) ヤカン・薬缶(やかん) 湯(ゆ)
ライス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス