チャルメラ

【意味】 チャルメラとは、流し屋台の中華そば屋が吹く、オーボエのような木管楽器。先端はラッパのように開いている。

【チャルメラの語源・由来】

チャルメラは、ポルトガル語の「charamela」に由来する。
「charamela」は、葦(あし)を意味するラテン語「calamus」が語源。
ポルトガルのチャルメラはオーボエの源流となった楽器で、16世紀に日本へ入り「南蛮笛(なんばんぶえ)」とも呼ばれた。
しかし、現在日本で「チャルメラ」と呼ばれている楽器は、中国伝来の唐人笛(とうじんぶえ)で簫(しょう)の一種「さない」や「さとつ」に近いものである。

【関連語】

オーボエ オカリナ 音(おと)
音楽(おんがく) クラリネット コルネット
コントラファゴット サクスホルン サックス
尺八(しゃくはち) 笙(しょう) 簫(しょう)
スーザフォン ソバ・蕎麦(そば) チューバ
トランペット トロンボーン 丼(どんぶり)
南蛮(なんばん) ハーモニカ バスーン
ピッコロ ファゴット 笛(ふえ)
フルート ブロックフレーテ ホイッスル
ホルン 屋台(やたい) ラーメン
ラッパ・喇叭(らっぱ) リコーダー レンゲ・蓮華(れんげ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス