ちゃんこ鍋

【意味】 ちゃんこ鍋とは、大鍋に魚介類や・肉・野菜などを入れ、水炊きのようにして、つけ汁やポン酢で食べる力士料理。ちゃんこ料理。ちゃんこ。

【ちゃんこ鍋の語源・由来】

語源は以下の通り二説ある。
ひとつは、江戸時代に長崎巡業へ行った際、中国から長崎に伝わった板金製の鍋「チャンクオ」の料理法を取り入れたため、「チャンクオ」が訛ったとする説。
もうひとつは、若い力士が料理番を「おやじさん」の意味で「ちゃん」と呼でいたことから、親しみを表す接尾語「こ」が付いたとする説。
力士社会では、鍋以外の料理全般を「ちゃんこ」と呼ぶことから、料理番の「ちゃん」と断定するものもあるが、鍋料理の「ちゃんこ」が料理全般を意味するようになったと考えられるため、どちらの説が正しいとは断定できない。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス