チェロ

【意味】 チェロとは、撥弦楽器の一。バイオリンの大型・低音楽器で、奏者は椅子に座り、床に立てて演奏する。ヴィオラとコントラバスの中間の音域弦の数は4本。セロ。

【チェロの語源・由来】

チェロは英語「cello」からの外来語で、「cello」はイタリア語の「violoncello」に由来する。
現在のコントラバスの元となった「violone(ヴィオローネ)」という楽器があり、「小さな」を意味する接尾辞の「cello」が付き、「小さなヴィオローネ」という意味で「violoncello」となった。
「violoncello」が英語に入った際、前半が略されて「cello」となり、日本にもこの形で伝わったことから「チェロ」と呼ばれるようになった。
なお、「violone」は「viola(ヴィオラ)」に「大きな」を意味する接尾辞「one」がついた語で、「大きなヴィオラ」を意味するため、「violoncello」を直訳すると「小さな大きなヴィオラ」となる。

【関連語】

一五一会(いちごいちえ) ウクレレ 大きい(おおきい)
オーケストラ 音(おと) 音楽(おんがく)
奏生(かない) ギター クラシック
弦(げん) 琴(こと) コントラバス
三味線(しゃみせん) 小さい(ちいさい) チェンバロ
音来(にらい) ハープ バイオリン
バス・ベース バンジョー ビオラ(楽器)
琵琶(びわ) マンドリン リュート

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス