手をこまねく

【意味】 手をこまねくとは、事が起きたときに、何もしないで傍観している。また、何もできないでいる。手をこまぬく。

【手をこまねくの語源・由来】

「こまねく」は「こまぬく」が音変化した語で、漢字ではどちらも「拱く」と表記する。
「こまぬく」は、両手の指を胸の前で組んで挨拶する中国の敬礼の一で、腕組みをするという意味もある。
傍観している際に腕組みをすることが多いことから、手をこまねく(こまぬく)は「何もしないでいる」「何もできないでいる」の意味で使われるようになった。

【関連語】

挨拶(あいさつ) 腕を拱く(うでをこまぬく) うんともすんとも
岡目八目(おかめはちもく) 固唾を呑む(かたずをのむ) 拱く(こまぬく・こまねく)
匙を投げる(さじをなげる) 対岸の火事(たいがんのかじ) 黙る(だまる)
手(て) てこずる テンパる
洞ヶ峠(ほらがとうげ) もどかしい 厄介(やっかい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス