てるてる坊主

【意味】 てるてる坊主とは、晴れることを祈って、軒先などにつるす紙や布で作った人形。テルテル坊主。照る照る坊主。

【てるてる坊主の語源・由来】

てるてる坊主は、中国から入った風習といわれる。
中国では、白い紙で頭を作り、赤い紙の服を着せ、ほうきを持たせた女の子の人形(「雲掃人形」や「掃晴娘」と呼ばれる)を、雨が続く時に軒下につるして晴れを祈る風習があった。
ほうきを持っているのは、雨雲を掃き、晴れの気を寄せるためという。
この風習が江戸時代に伝わり(一説には平安時代とも)、当初は「照る照る法師(てるてるぼうし)」と呼ばれていたものが、「照る照る坊主(てるてるぼうず)」になった。
現在でも地域によって「てるてる法師」や「てれてれ坊主」、「日和坊主(ひよりぼうず)」などと呼ばれる。
女の子から男の子の姿に変化した理由は定かではないが、日照りを願う僧侶や修験者が男であったことからや、人形が頭を丸めた坊主のようであるところからと考えられている。
江戸後期の『嬉遊笑覧』には、晴れになったら瞳を書き入れ、神酒を供えて川に流すと記されている。

【関連語】

相合傘(あいあいがさ) 赤(あか) 頭(あたま)
アバター 雨(あめ) アンドロイド
アンブレラ 市松人形(いちまつにんぎょう) 祈る・祷る(いのる)
男(おとこ) 御神酒(おみき) 女(おんな)
案山子(かかし) 傘・笠(かさ) カッパ・合羽(かっぱ)
紙(かみ) 唐傘(からかさ) 川・河(かわ)
狐の嫁入り(きつねのよめいり) 雲(くも) 曇り(くもり)
こうもり傘(こうもりがさ) こけし サイボーグ
五月雨(さみだれ) 篠突く雨(しのつくあめ) 蛇の目傘(じゃのめがさ)
白(しろ) ダルマ・達磨(だるま) 梅雨(つゆ)
照る(てる) 天気(てんき) ドール
菜種梅雨(なたねづゆ) 人形(にんぎょう) ぬいぐるみ
布(ぬの) 軒(のき) 埴輪(はにわ)
晴れ(はれ) 番傘(ばんがさ) ビスクドール
瞳・眸(ひとみ) 雛人形(ひなにんぎょう) ヒューマノイド
フィギュア 服(ふく) 箒(ほうき)
坊主(ぼうず) マスコット マトリョーシカ
マネキン マリオネット 蓑・簑(みの)
モデル ロボット

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス