テレコ

【意味】 テレコとは、互い違いにすること。また、食い違いになること。あべこべ。主に、関西で用いられる。

【テレコの語源・由来】

テレコは、「手を加える」という意味の「手入れ」に、接尾語の「こ」が付き変化した語。
元は、歌舞伎で二つの異なる筋を一つにまとめ、多少の関連をもたせて一幕おきに交互に展開することを「てれこ」と言った。
そこから転じて、互い違いになることを「てれこ」と言うようになった。
「こ」は「交互」の略と解されることもあるが、接尾語と考えたほうが自然である。
この言葉はカタカナ表記されることが多いため、「テープレコーダー」を略した「テレコ」が語源で、A面とB面を間違えて入れることから「あべこべ」の意味になったとも言われるが、「テレコ(テープレコーダー)」よりも古くからある言葉なので間違いである。

【関連語】

あべこべ 上(うえ) 裏(うら)
表(おもて) カタカナ・片仮名(かたかな) 歌舞伎(かぶき)
代わり番こ(かわりばんこ) 脚本(きゃくほん) サウスポー
逆さま(さかさま) 下(した) 反りが合わない(そりがあわない)
ちぐはぐ ちゃらんぽらん ちんぷんかんぷん
辻褄(つじつま) 手(て) テープ
デコボコ・凸凹(でこぼこ) 天地無用(てんちむよう) 頓珍漢(とんちんかん)
左(ひだり) 左利き(ひだりきき) 左ぎっちょ(ひだりぎっちょ)
右(みぎ) レコード ロンパリ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

テレコの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス