てんやわんや

【意味】 てんやわんやとは、大勢の人が自分勝手にふるまい、混乱すること。

【てんやわんやの語源・由来】

「てんでん」と「わや」の合成語とする説が有力である。
「てんでん」は「手に手に」もしくは「手々」が転じ「各自」「銘々」の意味になった語で、「各自が思い思いの行動をする」意味の「てんでんばらばら」に使われる。
「わや」は「無理」「無茶」を意味する関西方言で、「わや」が「わんや」となり、それに語調を合わせる形で「てんでん」が「てんや」となったと考えられる。
その他、「わんや」にはワイワイと騒ぐ意味の「ワヤワヤ」や、主に関西で「私」を意味する「わい」を語源とする説もある。
銘々がワヤワヤと騒いだり、我先に行こうと「わいやわいや」と叫ぶ姿は、てんやわんやとなった光景からも想像ができ、捨てがたい説である。
獅子文六の新聞小説『てんやわんや』(1948年12月~49年4月)によって流行した語だが、俗語としては江戸時代から見られる。

【関連語】

いざこざ 一大事(いちだいじ) 煩い・五月蝿い(うるさい)
大童(おおわらわ) 姦しい(かしましい) 勝手(かって)
きりきり舞い(きりきりまい) ごたごた ごった返す(ごったがえす)
騒ぐ(さわぐ) しっちゃかめっちゃか 自分(じぶん)
てんてこ舞い(てんてこまい) テンパる どさくさ
どんちゃん騒ぎ(どんちゃんさわぎ) パニック 乱れる(みだれる)
無茶苦茶(むちゃくちゃ) 無理矢理(むりやり) 目白押し(めじろおし)
滅茶苦茶(めちゃくちゃ) やっさもっさ 狼藉(ろうぜき)
わい・わし・わて 私(わたくし・わたし) わや

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス