天ぷら

【意味】 天ぷらとは、魚・貝・野菜などに、小麦粉を卵・水で溶いた衣つけて油で揚げた料理。テンプラ。天麩羅。天婦羅。

【天ぷらの語源・由来】

天ぷらは、室町時代に日本に入ってきた南蛮料理の一種。
天ぷらの語源には、ポルトガル語で「調理」を意味する「tempero」、スペイン語で「天上の日(鳥獣の肉が禁じられ、魚肉の揚げ物を食べる日)」を意味する「templo」など諸説ある。
漢字の「天麩羅」は、「天」が「天竺(てんじく)」、「麩」は「小麦粉」、「羅」は薄い衣を表し、天竺から来た浪人が売る小麦粉の薄物という意味で、江戸時代に戯作者の『山東京伝』が考えたものとされる。
「天婦羅」の漢字は、「天麩羅」の当て字を変えただけのものと考えられる。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 油揚げ(あぶらあげ) 薄い(うすい)
おかず 貝(かい) カツ
カナッペ 空揚げ・唐揚げ(からあげ) コロッケ
衣(ころも) 魚(さかな) 薩摩揚げ(さつまあげ)
ステーキ 竜田揚げ(たつたあげ) 卵・玉子(たまご)
丼(どんぶり) ナゲット 南蛮(なんばん)
肉(にく) ハンバーグ ビフテキ
ピロシキ フリッター ベニエ
水(みず) 料理(りょうり) 浪人(ろうにん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス