天王山

【意味】 天王山とは、勝負を決める大事な局面。勝敗の分岐点。天下分け目。

【天王山の語源・由来】

天王山は、京都府南部、乙訓郡大山崎町にある海抜270メートルの山の名前。
天正10年(1582年)の山崎の戦いの際、古くから水陸交通の要地となっていた天王山を先に占領した羽柴秀吉(豊臣秀吉)が明智光秀を破った。
その故事から、勝負を決める分岐点を「天王山」、そのような勝負を「天王山の戦い」と言うようになった。

【関連語】

今際の際(いまわのきわ) 往生際(おうじょうぎわ) 勝つ(かつ)
要(かなめ) 肝心(かんじん) 危機一髪(ききいっぱつ)
局面(きょくめん) 際(きわ) 剣が峰(けんがみね)
境(さかい) 修羅場(しゅらば) 正念場(しょうねんば)
進退窮まる(しんたいきわまる) 絶体絶命(ぜったいぜつめい) 切羽詰まる(せっぱつまる)
瀬戸際(せとぎわ) 大切(たいせつ) 戦い・闘い(たたかい)
中盤(ちゅうばん) 土壇場(どたんば) のっぴきならない
伸るか反るか(のるかそるか) 背水の陣(はいすいのじん) ピンチ
負ける(まける) 胸突き八丁(むなつきはっちょう) 山(やま)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス