天狗

【意味】 天狗とは、深山に棲息するという想像上の怪物。人のかたちをし、山伏姿で顔が赤くて鼻が高く、翼があって手足の爪が長い。神通力があり、飛行自在。金剛杖、太刀、羽団扇(はうちわ)を持つ。自慢すること。高慢なこと。

【天狗の語源・由来】

昔、中国で流星や彗星の姿が狗(犬)や狐に似ていると考えられており、「天の狗(いぬ)」で「天狗」と呼ばれた。
これは、隕石を怪物と見て呼んだ名で、流星や彗星の呼称という位置づけではなかったようである。
日本では、山中を異界ととらえていた里人が山に出現する怪異を天狗に写し、様々な姿形の天狗が想像された。
この頃から、空中を自由に飛んだり、鬼のような姿は想像されていたが、鼻が高くなるのはもう少し後である。
平安時代、天狗の棲む世界は「天狗道」と呼ばれ、傲慢な僧が死んだ後、転生する魔界と考えられるようになった。
鼻が高いことから、傲慢な人を「天狗になる」と呼ぶようになったと考えられているが、傲慢さの象徴として鼻が高くイメージされるようになったものなので前後が逆である。
鎌倉時代、山伏の修行法や風体が異様に見られたため、山伏も天狗と呼ばれるようになった。
現在想像されているイメージは、中国で狗の怪物に見立てられた隕石が、日本では山に棲む妖怪として空中を飛ぶ鬼の姿となり、天狗道で鼻が高くなって、天狗に見立てられた山伏の姿が組み合わさったものである。

【関連語】

赤(あか) 阿修羅(あしゅら) 厚かましい(あつかましい)
いけしゃあしゃあ 居丈高(いたけだか) イヌ・犬・狗(いぬ)
井の中の蛙大海を知らず 威張る(いばる) 団扇(うちわ)
自惚れ・己惚れ(うぬぼれ) 偉い(えらい) 閻魔(えんま)
横柄(おうへい) おかめ おこがましい
驕る(おごる) お多福(おたふく) 鬼(おに)
お化け(おばけ) 顔(かお) 神楽(かぐら)
嵩にかかる(かさにかかる) カッパ・河童(かっぱ) 烏天狗(からすてんぐ)
キツネ・狐(きつね) キリン・麒麟(きりん) 傲岸(ごうがん)
厚顔無恥(こうがんむち) 高慢(こうまん) 小天狗(こてんぐ)
木の葉天狗(このはてんぐ) これ見よがし(これみよがし) 金剛杖(こんごうづえ)
潮吹き(しおふき) 自画自賛(じがじさん) 獅子(しし)
したり顔(したりがお) 図に乗る(ずにのる) 高飛車(たかびしゃ)
太刀(たち) 竜・龍(たつ) 翼(つばさ)
爪(つめ) 手前味噌(てまえみそ) テングガイ・天狗貝
天狗風(てんぐかぜ) テングコウモリ・天狗蝙蝠 天狗酒(てんぐざけ)
テングザル・天狗猿 天狗巣(てんぐす) テングスケバ・天狗透翅
天狗星(てんぐせい) 天狗倒し(てんぐだおし) テングタケ・天狗茸
天狗頼母子(てんぐたのもし) テングチョウ・天狗蝶 天狗礫(てんぐつぶて)
テングニシ・天狗螺 天狗の団扇(てんぐのうちわ) 天狗の爪(てんぐのつめ)
天狗の投げ文 天狗の鉞(てんぐのまさかり) テングノムギメシ・天狗の麦飯
テングノメシガイ・天狗の飯匙 天狗俳諧(てんぐはいかい) 飛ぶ・跳ぶ(とぶ)
どや顔(どやがお) ドラゴン 生意気(なまいき)
なまはげ 鼻(はな) 鼻に掛ける(はなにかける)
羽・羽根・翅(はね) 般若(はんにゃ) 人(ひと)
ひょっとこ プライド ふんぞり返る(ふんぞりかえる)
星(ほし) 見栄(みえ) メンツ・面子(めんつ)
山伏(やまぶし) 夜郎自大(やろうじだい) 竜・龍(りゅう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

天狗(てんぐ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス