手前味噌

【意味】 手前味噌とは、自分で自分のことを褒めること。自慢。手前みそ。

【手前味噌の語源・由来】

手前味噌という際の「手前」は、「自分のすぐ前」という意味ではなく、「自家製」や「自前」、また一人称の「自分」のことである。
手前味噌の「味噌」は食品の味噌のことだが、現代でも「ポイント」の意味で「味噌」が使われるように、「味噌」には「趣向をこらしたところ」の意味がある。
これは、各家庭で味噌が作り、それぞれが良い味を出すために工夫をこらしていたためで、近世には「趣向をこらしたところ」の意味から、人に自慢する様子にも「味噌」が使われた。
「手前どもの味噌は…」と自家製の味噌の味を自慢することから、「手前味噌」という言葉が生じたとするのも間違いではないが、「味噌」という言葉自体に「自慢」の意味が含まれることから、自分を自慢する言葉として「手前味噌」が使われるようになったと考える方が良いであろう。

【関連語】

味(あじ) 厚かましい(あつかましい) いけしゃあしゃあ
一唱三嘆(いっしょうさんたん) 井の中の蛙大海を知らず 自惚れ・己惚れ(うぬぼれ)
おこがましい 厚顔無恥(こうがんむち) 御託を並べる(ごたくをならべる)
これ見よがし(これみよがし) 自画自賛(じがじさん) したり顔(したりがお)
自分(じぶん) 図々しい(ずうずうしい) 図に乗る(ずにのる)
高飛車(たかびしゃ) 称える・讃える(たたえる) 手(て)
手前(てまえ) 天狗(てんぐ) どや顔(どやがお)
能書き(のうがき) のたまう 鼻に掛ける(はなにかける)
PR・ピーアール プライド 褒める・誉める(ほめる)
前(まえ) 味噌(みそ) 夜郎自大(やろうじだい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス