鉄火巻き

【意味】 鉄火巻きとは、マグロの切り身の赤身に山葵をつけて芯にした海苔巻き寿司。

【鉄火巻きの語源・由来】

鉄火巻きの「鉄火」は、もともと真っ赤に熱した鉄をさす語である。
マグロの赤い色とワサビの辛さを「鉄火」に喩えたもので、気質の荒々しい者を「鉄火肌」や「鉄火者」というのと同じである。
賭博場を意味する「鉄火場」に由来し、手に酢飯が付かず、鉄火場で博打をしながらでも手軽に食べられることからとする説もあるが、「鉄火」の付く食べ物には「鉄火丼」や「鉄火味噌」もあり、これらに共通するのは「赤い色」と「辛さ」で「鉄火場」も「手軽さ」も関係ないため、この説は間違いといえる。
ただし、「鉄火場」の「鉄火」も同源で、熱した鉄のように博徒が熱くなるからという。

【関連語】

赤(あか) あがり(お茶) 洗い(あらい)
飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし) 飯無し鮨(いいなしずし) 一夜鮨(いちやずし)
稲荷寿司(いなりずし) 卯の花寿司(うのはなずし) 江戸前(えどまえ)
恵方巻き(えほうまき) 大阪鮨(おおさかずし) お造り(おつくり)
おにぎり おむすび 気質(かたぎ)
かっぱ巻き(かっぱまき) 辛い(からい) ガリ
キハダ・黄肌(きはだ) 腐り鮨(くさりずし) 軍艦巻き(ぐんかんまき)
ゲソ・下足(げそ) 毛抜き鮨(けぬきずし) 杮寿司(こけらずし)
コシナガ・腰長(こしなが) 御飯(ごはん) 米(こめ)
刺身(さしみ) 信太寿司(しのだずし) 信太巻き(しのだまき)
シビ・鮪(しび) シャリ・舎利(しゃり) 酢(す)
簀(す) 助六寿司(すけろくずし) 寿司・鮨・鮓(すし)
雀鮨・雀寿司(すずめずし) タタキ 伊達巻き(だてまき)
散らし寿司(ちらしずし) ツナ 釣瓶鮨(つるべずし)
賭博(とばく) トロ 丼(どんぶり)
鳴門巻き(なるとまき) 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし) 海苔(のり)
博打(ばくち) バッテラ 火(ひ)
ビンナガ・鬢長(びんなが) 巻く(まく) マグロ・鮪(まぐろ)
味噌(みそ) ムラサキ・紫(むらさき) 飯(めし)
メジマグロ・めじ鮪 メバチ・眼撥(めばち) 目張り寿司(めはりずし)
弥助鮨(やすけずし) ライス ワサビ・山葵(わさび)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス