定家煮

【意味】 定家煮とは、魚(特に鯛)を塩と酒もしくは焼酎で煮た料理。

【定家煮の語源・由来】

定家煮は江戸時代に流行した料理で、鎌倉初期の歌人の藤原定家の名に由来するが、料理の考案者という訳ではない。
この料理に「定家」の名が付くのは、定家の「来ぬ人を待つほの浦の夕なぎに焼くや藻塩の身も焦がれつつ」という歌の歌意からか、藤原定家がいかにも好みそうだというところからといわれ、当時の人気がうかがえる料理名である。

【関連語】

磯部煮(いそべに) 従兄弟煮(いとこに) 歌・唄・詩(うた)
旨煮・甘煮(うまに) おかず 小倉煮(おぐらに)
オランダ煮(おらんだに) がめ煮(がめに) 甘露煮(かんろに)
儀助煮(ぎすけに) 金平(きんぴら) 釘煮(くぎに)
具足煮(ぐそくに) 魚(さかな) 桜煮(さくらに)
酒(さけ) 沢煮(さわに) 塩(しお)
時雨煮(しぐれに) 治部煮(じぶに) 焼酎(しょうちゅう)
鼈煮(すっぽんに) 駿河煮(するがに) 仙台煮(せんだいに)
タイ・鯛(たい) 筑前煮(ちくぜんに) 佃煮(つくだに)
土佐煮(とさに) 難波煮(なんばに) 南蛮煮(なんばんに)
煮染め(にしめ) 煮る(にる) 翡翠煮(ひすいに)
風呂吹き大根(ふろふきだいこん) 鼈甲煮(べっこうに) 大和煮(やまとに)
吉野煮(よしのに) 利休煮(りきゅうに) 料理(りょうり)
レシピ 若竹煮(わかたけに)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス