手ぐすねを引く

【意味】 手ぐすねを引くとは、十分に準備して待ち構えること。

【手ぐすねを引くの語源・由来】

手薬煉を引くの「薬煉(くすね)」とは、松ヤニを油で煮て練り混ぜたもので、弓の弦などを強くするために塗られる粘着剤である。
合戦の前、十分な態勢で待ち構えるために、この薬煉を手に取り弓の弦に塗ることから、「手薬煉を引いて待つ」と言われるようになった。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス