手形

【意味】 手形とは、一定の金額を支払うことを委託・約束した有価証券。為替手形・約束手形の総称。広義には小切手も含む。

【手形の語源・由来】

今日では有価証券類をさすが、元は文字通り、手のひらに墨や朱肉を塗って紙や布に押した手の形を言った。
この手形は後日のための証として、土地の売買などの法律的な文書に押されたり、宗教的な文書である原文に押されていた。
証文の印として押す習慣はなくなったが、このような証文類をさす言葉として残り、近世以降、信用取引の制度を表す語として用いられるようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

手形(てがた)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス