手玉に取る

【意味】 手玉に取るとは、人を自分の思い通りに動かすこと。翻弄する。手玉にとる。

【手玉に取るの語源・由来】

手玉は小さな布袋に小豆などを入れたもので、女の子が遊びに使ったお手玉のこと。
曲芸師が手玉を自由自在に扱ったところから、手玉を投げてもてあそぶように、人を自分の思うままに操る意味となった。

【関連語】

欺く(あざむく) アズキ・小豆(あずき) 遊び(あそび)
操る(あやつる) 案の定(あんのじょう) 誘う(いざなう)
糸を引く(いとをひく) お仕着せ(おしきせ) 思う・想う(おもう)
思う壺・思う壷(おもうつぼ) オモチャ・玩具(おもちゃ) 思惑(おもわく)
駆け引き(かけひき) 鎌をかける(かまをかける) 牛耳る(ぎゅうじる)
口車(くちぐるま) 黒幕(くろまく) 嗾ける(けしかける)
ゴリ押し(ごりおし) 差し金(さしがね) 指図(さしず)
しめしめ 洗脳(せんのう) 唆す(そそのかす)
袖を引く(そでをひく) 誑かす(たぶらかす) 玉・球・弾・珠(たま)
朝三暮四(ちょうさんぼし) 壺に嵌る(つぼにはまる) 手(て)
手管(てくだ) 取る・執る・採る・捕る・撮る(とる) 嬲る・弄る(なぶる)
計る・量る・測る・図る・謀る・諮る 鼻毛を抜く(はなげをぬく) マインドコントロール
まんまと 水を向ける(みずをむける) 無理矢理(むりやり)
目論見(もくろみ) 弄ぶ・玩ぶ(もてあそぶ) 篭絡・籠絡(ろうらく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

手玉(てだま)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス